« 第281日目…神 | トップページ | 第283日目…豪華な風呂 »

第282日目…早速の天罰?

屋久島に来て、宮ノ浦岳の登山以外すべての目標は達成したのでそろそろ種子島に行こうかなと。
それで、屋久さん宅に長くお世話になっていたので今日はお手伝いをやらせてもらうことに!
犬の救助訓練が終わった後に、家周辺にある邪魔な木を切るお手伝い。
チェーンソーや特殊な道具を持ち出して、木を切る準備をする。
チェーンソーは、屋久さんが扱うのでケンさんと自由人で木に紐をかけてチェーンで木をしならせて倒れる方向を決めるというものだった。
説明するのが難しいから簡単に書いたが、特殊な道具で木をしならせるのは重労働なのだ!
しかも、ギリギリまで木の倒れる方向にいるから結構緊張する!
たまに、思った方向に倒れない時もある。
そして、木が倒れるのは結構ド迫力で怖い!
何本か予定通りの方向に倒れて順調に作業は進んでいた。
このペースなら、作業も早く終わるなぁなんて思いながらやっていた。
本日、一番大きな木!緊張感も高まる。作業も慣れてきたので手際よく作業をやっていた。
チェーンソーで切り込みを入れては、紐とチェーンを使い木を引っ張る。
うぅーん、まだまだ倒れそうもないなぁと思ったのでケンさんと自由人で紐を軽くクイッと引っ張った次の瞬間!!!
「ミシミシミシッ、バッバリバリバリ」という音と共に自由人が立ってる方向におもいっきり倒れてきた!!
危険な時って、映像がスローになるんですよね?
うわぁー、木が倒れてくるのがめちゃめちゃスローやんけぇー!
きっと、これは龍神杉に会ってしまった天罰なんだろうな…このまま倒れて顔面から潰されたらリアルスイカ割り?になっちまうよぉーーー。
木がどんどん傾いて倒れてくる…そして結構冷静に分析する自分。
「あぁ…、旅中何回目だろう…死んだって思ったの…」
自己防衛的な反射だったのだろうか気付いたら後ろに向かって逃げていた。
そして、背中に凄い風圧…と共に地面に木が叩きつけられる強烈な「ドスンッ」という音!
振り返ると木は、自由人のすぐ真後ろに寝転がっていた。
間一髪セーフ!!1秒走るのが遅れてたら…リアルスイカ割りのグロシーンでした(´Д`)
助かったと思った瞬間、冷や汗が額からダラダラ…旅中何回死にそうになればいいのでしょうか。
龍神杉を怒らせてしまったのではないかと思う自由人であった(/_\;)


走行距離 0キロ
通算距離 8553.9キロ
走行時間 0時間0分0秒
出費 0円
現在地 鹿児島県熊毛郡屋久町付近
天気 くもり

|

« 第281日目…神 | トップページ | 第283日目…豪華な風呂 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第282日目…早速の天罰?:

« 第281日目…神 | トップページ | 第283日目…豪華な風呂 »