« 2008年5月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年7月

第285日目…負傷した足で

第285日目…負傷した足で
第285日目…負傷した足で
第285日目…負傷した足で
第285日目…負傷した足で
第285日目…負傷した足で
第285日目…負傷した足で
第285日目…負傷した足で
第285日目…負傷した足で
第285日目…負傷した足で
第285日目…負傷した足で
寝れぬまま朝を迎えた!
恐る恐る寝袋から足を出すと…思わず「ギャ!」と叫びたくなった。
自分の足が自分の足ではなかった…。
大きな水ぶくれが2つあり全体的に足が腫れている!!
水を抜くために、つまようじで皮を刺した。そしたら、勢いよく水が飛び出して顔にかかった。
下山が正しい判断なのだが、よくわからんが興奮していて頭で「試練だ試練だ」を繰り返し唱えていた。
小屋で適当に朝食を食べた。荷物をまとめて出発の準備をする!
準備を終えて出発のために靴を履いた。特に痛い部分にしっかり靴の布地があたる…最悪だ。
一歩一歩歩くのだが、そのたびに足先から脳天にかけて突き刺さるような激痛が走る!!
ヤバイかもと不安が過ると「自分に負けるな!」の繰り返しで山を登り始めた。歩き方が明らかに変だが仕方がない。左足には力が入れられないからだ!
しばらく歩くと痛みが普通になってきて、やっとまともに歩けるようになってきた。
山の朝は、凄く寒かった。冬みたいだ!だけど、歩いてるうちに体が温まってきた。
足が痛いながらも小屋を先に出てった人達を抜かしながら2人は結構なペースで歩いた。
途中、湿原に出た(写真1)ガスがかかってるところが雰囲気あるな。
綱を掴んで登るゾーンもあった(写真2)←ちょい、ふざけてる(笑)
グングン進む!景色は天気があまりよくない(写真3)
中間地点らへんで、遮るものがない岩の上を歩いていくところでは風が恐ろしいほど強くて異常に寒かった!おまけに、氷まで振ってきやがった!!吹き飛ばされそうだし、寒過ぎるしで…。
登山道はしっかり整備されているので、思ったよりも歩きやすかった。
そして、頂上が見えた(写真4)
頂上が見えると疲れとかが完全に吹っ飛びますよね!もう足の痛みも忘れてました。
必死に登り、ついに頂上に到着(写真5)記録よりも記憶に残りそうな登山でした←誰かが使ってそうな言い回し。
九州で一番高いところに降臨した自由人(写真6)
九州で一番高いところからの眺めを楽しみ雲海なんかも見れて最高でした!
頂上で、美容師さんと握手をして別れました。
下りでなんか元気出てきたから駆け足で下山開始。
足の痛みも慣れました!前から団体の方々が上がってきて駆け足で下ってるのを見たガイドさんが「特急が前から来るから道空けてねぇー」と言っていました。山では、早い人を特急と呼ぶのでしょうか?
下りは晴れて暖かくなり汗が吹き出してきました!景色とかもよく空の色が本当に綺麗だった(写真7・8)もうちょい、時間ずらした方が良かったな…。
景色を楽しみながら、ハイペースで下ってたら道を間違えました…すぐに気付いて戻ったから良かったけどね。
んで、山小屋まで戻ってきました!
ここで、火傷がどうなったかチェック(写真9)なんか腫れてないか?まぁ、気のせいでしょう。
変な歩き方してたから靴擦れ起こして靴が血に染まってます…(写真10)まぁ、これも気のせいでしょう(笑)
写真9・10は、血や怪我が苦手な人は見ないことをオススメします。
それから、なんとか無事?に下山して往復約5時間でした。看板に、往復11時間と書いてありますが遅すぎじゃないか!?
これで屋久島の冒険は終了です。明日は種子島に渡りたいと思います!
種子島行きのフェリーが朝早いので、今日屋久さん家族にはお礼を伝えました。本当に、お世話になりました。ありがとうございました!
また、屋久島来たいなぁーo(^∇^o)(o^∇^)o


走行距離 24.09キロ
通算距離 8606.7キロ
走行時間 1時間16分10秒
出費 0円
現在地 鹿児島県熊毛郡屋久町付近
天気 くもり

| | コメント (14) | トラックバック (0)

第284日目…天才?→大火傷

第284日目…天才?→大火傷
第284日目…天才?→大火傷
第284日目…天才?→大火傷
第284日目…天才?→大火傷
第284日目…天才?→大火傷
第284日目…天才?→大火傷
第284日目…天才?→大火傷
第284日目…天才?→大火傷
屋久島の最後に宮ノ浦岳に行こうと計画してました!!
それで、日帰りでと言いたいところなのですが…1泊しちゃいます。
淀川登山口という場所があり、その登山口を早朝から登山し始めれば宮ノ浦岳の日帰り登山が可能です!
ですが、自由人は今まで登山と言ったら常に海抜0メートルから登山してるから今回も海抜0メートルからの登山をしようと計画しました。
たぶん、1日目は淀川登山口からちょっと行ったところにある淀川小屋で泊まることになるのでしょう。
心の中では、めんどくさいを何回も言ってますが決めてしまった以上進むしかないです!
淀川登山口まで約25キロの上り坂をママチャリを押しながら行かなきゃならないと思うとため息が出ますがね…。
とりあえず、食料調達は絶対だからスーパーに行き食料やお菓子などを2袋分買いました。ちょっと多すぎたかな?
それを両腕に引っ掛けてママチャリを押します…、雨も降って道にガスがかかり…。
なんか、富士山を思い出しました。あの時もこんな状況でした。
こんな道とかね(写真1)なんにしても日が暮れる前には、小屋に着かなきゃなぁー。
嫌になるような道を進み雲より上?まで来ましたぜ(写真2)
なんだかんだ言って、登山より登山口まで行くほうが大変なんだろうな…。
そんで、ヤクスギランドまで上がってきました(写真3)
ヤクシカがいました(写真4・5・6)
カロリー補給のためにヤクスギランド近くにある売店の休憩所で一休み。
ヤクスギランドはネーミングに失敗したようです。
そして、ベンチに寝転がってちょい休息。
適当なところで起き上がって、出発したらさっき休憩所で弁当食べてた人が自由人の前を歩いてるので同じルート行く人かなと思い話しかけてみた。
そしたら、やっぱりそうだった!頂上からは違うルートだが、それまでは同じだったので頂上まで一緒に登りませんかと聞くと快くOKがもらえた。
話を聞くと北海道で美容師をやっているらしい。なので、ブログ内では美容師さんということにしておきますね。
今日、屋久島に来て明後日帰るみたいだ。
自由人と同じぐらいの年齢の時にヒッチハイクで日本を旅していたらしく自由人に興味を持ってくれた。
そんなことがあり凄く気があって、数分で仲良くなれた!
紀元杉まで来た(写真7・8)屋久島に来て初めて見る屋久杉だと言って美容師さんは興奮していた。
ここで、また休憩をとり淀川登山口まで歩いた。
淀川登山口に着いたのは、午後4時頃。日が暮れる前には、小屋まで行けると確信が持てたので一安心。
二人で笑いながら小屋まで行った。小屋に着いてビックリしたことは小屋に20人ぐらいいて結構小屋の中がパンパンだったこと。
誰もいないだろうなと思ってたのに結構いるもんなのね。
角に空いてるスペースがあったので、そこに銀マットをひいた。
日が暮れる前に夕飯を作りたかったので作ることにした。というか自炊道具を持ってないので作るよりも生み出すの方が正しい表現かもしれない!
まず、スーパーの袋に焼くそば麺を焼くことなく3袋ぶちまける。そのスーパーの袋ごと川に投入してスーパーの袋をぐしゃぐしゃぐしゃぐしゃとすると麺が見事にほぐれる。適当に水を限り、そこにサバの味噌煮缶をぶちまけて混ぜればあぁ〜ら不思議サバ麺の完成(笑)
この料理?は石垣島のとあるおっちゃんが教えてくれたものです。
これぞまさしく「THE 男の料理」ではないだろうか?(笑)
今、この文章を読んで絶対美味しくないと思ってるそこの君!!!普通に美味しいからやってみなさい。自由人もおっちゃんに教えてもらった時は美味しくないだろと思ったけど食べたら…あれ?うまい(´∀`)ってなったから。
美容師さんは調理師免許も持ってるらしく、この奇抜な料理にバカだ!マズイに決まってる!と言っていたがいざ食べさせてみたら「あれ…?うまい!もう一口いい!?」ってなりましたから。
でも、これを食べる前に大きな事件があったんです!!
美容師さんに温めた方が美味しいんじゃないと言われ美容師さんがその時コーヒーのために用意してくれてたお湯がありました。
そのお湯もらっていいですか?とお願いしてお湯を使わせてもらうことに。
スーパーの袋に入った麺にそのままお湯を入れるとお湯をきるのがめんどくさいので近くにあったお菓子の袋にお湯を入れてもらってそこにスーパーの袋を沈めれば簡単に麺を温められるなと考えた。
正直、この時に「いやぁ〜、俺って頭いいなぁ天才かもしれん!」とか思ってました。
お菓子の袋を自由人が持ちお湯をそこに入れてもらう。
「熱ッ!!!!!」一瞬何が起こったかわからずパニック。
左足に熱湯がもろにかかりました(>_<)
原因は、お菓子の袋。お菓子の袋の底って熱処理なのね、だからお湯を入れたらパカッと開いたわけ!それが、左足をクリーンヒット。
左足からは、湯気が凄い勢いでモクモク出ている!川まで走り冷たい水で冷やした。
皮膚が赤くなりただれている!美容師さんには、心配させないように大丈夫大丈夫と言いましたが激痛でした!!
美容師さんに、下山した方がいいよと言われた。
あまりの痛みに顔が歪むが、これは試練だと自分に言い聞かす!絶対に、この火傷に勝ってやると思った!!
この夜は、痛みでほとんど寝れなかった…。
自由人は天才ではあったが馬鹿の天才だったようだ…(´Д`)


走行距離 28.71キロ
通算距離 8582.6キロ
走行時間 4時間23分22秒
出費 1536円
現在地 鹿児島県熊毛郡屋久町付近
天気 雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第283日目…豪華な風呂

大雨コロリンです!屋久島はやっぱり水の大地、絶え間なく雨が本当によく降ります。
洗濯物とか、やっぱり部屋干しになるのかな…?乾燥機とか?
1日中、晴れてましたなんて日ほとんどありませんよ…。
1年中梅雨ってことですねぇー(>_<)
今日は、ケンさんの車に乗せてもらって昼ぐらいからホテルの風呂に連れていってもらいました。
1回の入浴1000円。高いですねぇ〜、でも住民料金の500円で入れました!
まぁ、今は屋久島に住んでる=住民って考え方でいいのかな?
やっぱりホテルの風呂だけあって結構綺麗で豪華?でしたよ。
露天風呂からは、荒れ狂う屋久島の海なんかも見ることが出来て良かったですね!
風呂出てから、ロビーで白熊アイス食べながら屋久島の雑誌見て屋久島のことを学んでました。
しかし、自分の履いていたサンダルがあまりにも臭くてそれどころではありませんでした(笑)
サンダルの寿命が近いですね(´ω`)


走行距離 0キロ
通算距離 8553.9キロ
走行時間 0時間0分0秒
出費 620円
現在地 鹿児島県熊毛郡屋久町付近
天気 雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第282日目…早速の天罰?

屋久島に来て、宮ノ浦岳の登山以外すべての目標は達成したのでそろそろ種子島に行こうかなと。
それで、屋久さん宅に長くお世話になっていたので今日はお手伝いをやらせてもらうことに!
犬の救助訓練が終わった後に、家周辺にある邪魔な木を切るお手伝い。
チェーンソーや特殊な道具を持ち出して、木を切る準備をする。
チェーンソーは、屋久さんが扱うのでケンさんと自由人で木に紐をかけてチェーンで木をしならせて倒れる方向を決めるというものだった。
説明するのが難しいから簡単に書いたが、特殊な道具で木をしならせるのは重労働なのだ!
しかも、ギリギリまで木の倒れる方向にいるから結構緊張する!
たまに、思った方向に倒れない時もある。
そして、木が倒れるのは結構ド迫力で怖い!
何本か予定通りの方向に倒れて順調に作業は進んでいた。
このペースなら、作業も早く終わるなぁなんて思いながらやっていた。
本日、一番大きな木!緊張感も高まる。作業も慣れてきたので手際よく作業をやっていた。
チェーンソーで切り込みを入れては、紐とチェーンを使い木を引っ張る。
うぅーん、まだまだ倒れそうもないなぁと思ったのでケンさんと自由人で紐を軽くクイッと引っ張った次の瞬間!!!
「ミシミシミシッ、バッバリバリバリ」という音と共に自由人が立ってる方向におもいっきり倒れてきた!!
危険な時って、映像がスローになるんですよね?
うわぁー、木が倒れてくるのがめちゃめちゃスローやんけぇー!
きっと、これは龍神杉に会ってしまった天罰なんだろうな…このまま倒れて顔面から潰されたらリアルスイカ割り?になっちまうよぉーーー。
木がどんどん傾いて倒れてくる…そして結構冷静に分析する自分。
「あぁ…、旅中何回目だろう…死んだって思ったの…」
自己防衛的な反射だったのだろうか気付いたら後ろに向かって逃げていた。
そして、背中に凄い風圧…と共に地面に木が叩きつけられる強烈な「ドスンッ」という音!
振り返ると木は、自由人のすぐ真後ろに寝転がっていた。
間一髪セーフ!!1秒走るのが遅れてたら…リアルスイカ割りのグロシーンでした(´Д`)
助かったと思った瞬間、冷や汗が額からダラダラ…旅中何回死にそうになればいいのでしょうか。
龍神杉を怒らせてしまったのではないかと思う自由人であった(/_\;)


走行距離 0キロ
通算距離 8553.9キロ
走行時間 0時間0分0秒
出費 0円
現在地 鹿児島県熊毛郡屋久町付近
天気 くもり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第281日目…神

第281日目…神
第281日目…神
第281日目…神
第281日目…神
第281日目…神
第281日目…神
第281日目…神
第281日目…神
第281日目…神
第281日目…神
「あなたは、神に会ったことがありますか?」
「いいえ、ありません。」という人がほとんどでしょう。
自由人は「はい、会ったかもしれません。」
自由人が屋久島に来たのには、理由がありました。好きだから来たとかではないのです。
どうしても見たかったものがあったから来たのです。じゃあ、その見たかったものは何?と気になると思います。
だけど…、あまり教えたくないというのが本心です。理由は追々説明します。
まぁ、自由人ブログを見てくれている人がいるようなので書きますよ!うん、書いちゃうよ!
その肝心の理由というのが、新潟で屋久さんに言われた一言。
「龍神杉がある!」
なんか、ロマンを感じませんか!?いや、この木を聞いた瞬間に見たいって思っちゃいましたね!
しかも、この木ガイドブックやパンフレットに一切記載されてない(自由人調べ)
ホームページで検索したら、僅かに情報が載ってる程度です。
屋久島の数ある木で、神と名のつく木は龍神杉だけなのです…んん!?龍神杉の周りには雷神杉・風神杉なる木もあるそうです!!
てか、名前格好良すぎでしょ。見たくて見たくて仕方がないわ!
自由人の爆発しそうな気持ちは抑えられそうにありません。
それから、屋久さんに色々と龍神杉のことについて教えてもらいました。
縄文杉よりも龍神杉の方がずっといいとまで語ってました。地元の人でも知らない人がいる超穴場スポットらしい!
屋久島に到着してから、そのことばかりで頭の中で「龍神杉に会いたい!龍神杉に会いたい!」を連呼してました。
そして、ついに今日龍神杉に会いに行けることになりました。
ケンさんにお願いして、一緒に行ってもらうことにしました。
危険な道を進まなければならないらしく万が一事故にあったら1人じゃどうしようもない。滅多に人が通らないらしく危ない。
色々と危険事項があったので、ケンさんと共に行くことにしました!
まずは、登山口まで砂利道を車で走っていきます。
ガタガタ車内は大揺れです!頭を車内で強打しました(泣)
冒険チックになってきたところで、仕切りがありこれ以上車で行けないようになってます。
車から降りる。この先にどんな道があるかわからないので緊張してきました!
そこに1つの看板が(写真1)その看板には、龍神杉の文字!やっと会える…正直単なる伝説で龍神杉なんてのは本当はないんじゃないか!と思ってました。
ちょっと現実味を帯びた話になってきたのではないでしょうか?
そして、仕切りの鎖を越えて先に進みます!
コンクリートの道が続くのですが、かなりの傾斜です…この時点で縄文杉コースより疲れました(笑)
神には簡単に会わせてもらえないんですよと話ながらケンさんと歩きます。
コンクリートと砂利道を進むと森に入ります。雨が降っているのもあり森が真っ白にガスがかかっていて不気味です…。
2人で来て正解でした。1人なら、怖すぎ!
不気味な森に侵入。道をしっかり確認しながら進みます。途中、わかりにくいところが多々あるので…。
遭難したら、シャレにならないし出てこれないんじゃ…そんな不安が頭を過ります( ̄〜 ̄;)
すぐに飲みきってしまった500のペットボトルに川の水を給水。キンキンに冷えてて激うまです!
森は不気味ではあるのですが、鳥の鳴き声や猿の声なんかも聞こえて神秘的な感じもします。リアルもののけ姫の世界観です!
途中面白い木がありました(写真2)喧嘩売ってるように見えませんか?
ちょっとふざけて、木霊ごっこなんてのも…(写真3)
それから傾斜がきつい道をズカズカ進むと大きい切り株がありました!(写真4)切り株の中で雨宿りしながら昼食。切り株の天井には穴が2つ空いていて自由人はこれに「太陽と地球」という題名を勝手につけさせてもらいました(写真5)
昼食を終えて、また歩きだす。昨日、縄文杉を見て今日は龍神杉…ちょいハードか?
本当に、ガスがひどいです!神が自分の姿を隠そうとしているのでしょうか?
それか、僕らを森に迷い込ませようと企んでるのでしょうか?
いや、もう会いたくないって訴えているのでしょうか?
天罰が下ろうが会わせてもらいます!!どうしても見ておきたいです。
歩いて歩いて歩きました………ついに…龍神杉が……姿を…現したのです(写真6)
もう感動で言葉が出なかったです!正直、ここまで期待してしまったから「なんだ…」って気持ちになると思っていたのですが想像を遥かに越えてました!
自由人は、神は全く信じてませんがこの木には宿ってるかもと思ってしまいました!!
縄文杉より大きい?って思えるぐらい巨木なのですが森に隠れるようにひっそりと生えてました。
そして、全く人に触れられてないので生き生きとしてました!木肌も光沢があり、枝も1本1本が本当にしっかりしていました。
縄文杉と比べちゃなんですが、龍神杉という名前負けすることなく言葉で表現出来ない素晴らし過ぎる木でした!!!
龍神杉はこれからもひっそりさせてやって欲しいしずっとこのままの状態でいて欲しいです。森の中で、静かに眠らせてやりたいなと思いました。
だから、ちょっと龍神杉をブログにはあまり書きたくなかったのです。まぁ、自由人ブログはそんな見られてないから大丈夫か(笑)
でも、何年か…何十年かしたらここも観光地化されて観光客がうじゃうじゃいそうだなぁ〜と思ったり…
龍神杉と自由人(写真7)じっくり見てたら、一瞬ガスが晴れて撮れた写真(写真8)
龍神杉は、根元に人1人入れる穴が自然に出来ていて神の足元に入らさせてもらいました!これこそ、まさに神隠し?(笑)
いやぁー、凄かった!ケンさんと2人して興奮しまくってました。
皆さん、お忘れになってませんか?雷神杉と風神杉のこと!
実は、雷神杉と風神杉には看板がなくどの木なのかよくわかりません…。
ですが、自由人の独断で決めさせてもらいました!
まずは、雷神杉(写真9)根っこがぐにゃぐにゃして雷に見えませんか?自由人は見えました!大きさから言って屋久杉なのでこの木が雷神杉でしょう(笑)
風神杉はこの木ではないかと…(写真10)龍神杉よりは劣りますが立派な木でした!ということで、風神杉でしょう(笑)
勝手に決めてしまいましたが、間違いない……………と思いますよ?3本とも近くに生えてたしね。
まぁ、龍神杉の迫力と存在感の凄さに雷神・風神はどうでもよくなったってのが正直なところでございます。
もっとのんびり龍神杉を見ていたかったのですが、時間の関係でそういうわけにもいかず…( -_-)
あれだけガスが凄かったのに、下山したらなんと晴れました。やっぱり、あまり近づいてはいけない木だったのかな(;^_^A
ごめんなさい…天罰だけは勘弁して下さい(笑)
そういや、登り下りで誰にも会わなかった。やっぱり隠れ家的な場所なんだろうなぁ。
そんなわけで、自由人のドラマチックアドベンチャーは終わったとさ…Ψ(`∀´#)


走行距離 0キロ
通算距離 8553.9キロ
走行時間 0時間0分0秒
出費 554円
現在地 鹿児島県熊毛郡屋久町付近
天気 雨・晴れ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第280日目…縄文杉と再会

第280日目…縄文杉と再会
第280日目…縄文杉と再会
第280日目…縄文杉と再会
第280日目…縄文杉と再会
第280日目…縄文杉と再会
第280日目…縄文杉と再会
第280日目…縄文杉と再会
第280日目…縄文杉と再会
第280日目…縄文杉と再会
第280日目…縄文杉と再会
あなたは、縄文杉に会ったことはありますか?
自由人は今回2回目になるのですが、今日縄文杉に会いに行きます!
昔の記憶では、縄文杉まで道程は結構長くて辛かった印象がありますね…。
が、んなことをいちいち考えていては先に進めないので前進あるのみです!
まず、縄文杉のコースは往復約10時間ほどかかるので早朝から登り始めなければなりません。
ということで、本日は4時起きです…(眠っ)
正直、朝が苦手な自由人は起きれる自信が全くなかったのですが気合いでなんとかなりました。
残念なことに朝から雨…。以前、書いたように雨の屋久島も美しいですが歩くとなると汗が吹き出して雨と混ざり気持ち悪いことになるので今日は出来ることなら晴れて欲しかった。
まぁ、落ち込んでても仕方がないので支度支度!
そんで、準備完了!!!と勢い余って出発したのはいいのですがサンダルで出てきてしまったというアホなミスをしてしまって靴を取りに一旦戻るはめに…
よぉーし、これで準備オーケー!昨日予約しておいた朝・昼用の弁当を1000円で購入していざ出陣!←弁当高いよ(泣)
まぁー、なんやかんやしながら荒川登山口まで車で送ってもらい山VS自由人ですよ(´∀`)
準備体操をしっかりして出発!!
歩いていて思ったことは、全然疲れを感じない。
知らず知らずの内に、基礎体力が上がったようです。軽々歩けますね!
縄文杉までのコースは、ほとんどがトロッコ道です。トロッコ道は、現在も使われており運が良ければ歩いている時にトロッコを見ることが出来ますよ!
ながぁ〜くて単調なトロッコ道をずっと歩くことになります。
途中、休憩+朝食をしたりしながら進みます。屋久島から湧き出る水はすべて飲めるので水分とかも川から補給したりしました!
そうそうケンさんは今日復活して、一緒に縄文杉までの道を歩いてます。あと、カリもいますよ!
カリが一番楽勝な感じです。やっぱり人間より犬の方が運動神経はずっと上なんだなぁ。
以前、来た時にガイドしてもらった人と偶然再会したのですが向こうは忙しそうだったので全く喋れませんでした…( -_-)
それで、長かったトロッコ道は終わりそれからは本格的な山道になります!
正直ここからが本番と言っても過言ではないです。
この道の途中には映画「いま会いにいきます」の表紙に使われてる場所なんかもあります!が、気付かない人がほとんどです。
今回、何も気にしないで歩いてた自由人は完全にそのことを忘れてました。
屋久島の森は切り株だらけです。その原因は、江戸時代の人が屋久杉(1000年以上生きている杉を屋久杉と言う。それ以下の杉はすべて小杉。)を切り始め明治時代になってチェーンソーの導入により1年間に200本ぐらいしか切られなかった屋久杉がバタバタ切られるようになってしまい今では2万本以上あったであろう屋久杉が約2000本しかないのが現状です。
昔の屋久島の森は、本当に凄かったんだろうなと切り株を見るたびに思います!その中でも特にデカイ切り株が有名なウィルソン株です(写真1)
この杉は、豊臣秀吉に納められたと言われてます。
屋久杉は、城の柱とかに使われてたのかなと思っていたのですが実際は薄くスライスして屋根として使われていたそうです。
屋久杉は、油分が非常に多く雨に濡れても腐りにくいそうです。
そして、油分が多く成長が極めて遅いので屋久杉は巨木になることが出来るみたいだ。
ウィルソン株まで来れば、もう後一踏張りで縄文杉とご対面だ!!
ここからは、非常に屋久杉が多いゾーンになってくる。
巨木が何気なしに、たくさん生えている感じだ。
夫婦杉(写真2)この屋久杉は、2本が手をかわすようにしていることからこの名がついた。夫婦で来た方が、ここでお祈りしてる光景を目にした。
大王杉(写真3・4)この木は、ひょっとしたら縄文杉よりも長生きの可能性があるらしい。形状は、縄文杉よりも大王杉の方が自由人は好きだ!
色々名前のついた木があるのでご紹介はここまでにしておこう。気になった方は、屋久島に行ってください。
それで、縄文杉に再会しましたよ(写真5)今は、これ以上縄文杉に近づくことが出来ないようになっています。もちろん触ることも出来ません!
心ない方が、木の皮をめくったりするそうでその対策で監視カメラまで最近設置されたようです。
縄文杉には、専門のお医者さんもいるそうで超VIP扱いです。
まぁ、大きくて威圧感のある木です。木の上の部分がちょっと変だなと思ってたら台風で少し枝が折れたそうだ。
1時間ぐらい縄文杉(写真6・7・8・9)を眺めて下山しました。
帰る時に、心の中で縄文杉に「また会いましょう!」と言ってきました。
下り途中にガスがかかってきて森は真っ白になりましたが屋久島の良さがこれなのかもしれません。
何気ないガスがかかった風景が美しく見えます(写真10)
下りはさすがに疲れましたが、楽しく下りてこられたので大満足です!
また来ます!!縄文杉いつか…また^ー^)人(^ー^


走行距離 0キロ
通算距離 8553.9キロ
走行時間 0時間0分0秒
出費 1000円
現在地 鹿児島県熊毛郡屋久町付近
天気 雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第279日目…小休止

ケンさんは、完全にダウンしてまだ辛そうです。
明日は復活するかな?元気になることを期待しましょう!
毎朝行われる救助犬のお手伝い。冷静なカリ、人懐っこいルビー、いつも元気なレン。
賢い犬達です!これから、どんどん救助犬として優れた犬になるのでしょう。
カリは他にもマングース狩りの訓練もしてます!
野生化したマングースが奄美や沖縄で被害をもたらしているらしくマングースを犬に狩らせる訓練です。
奄美には、奄美の黒ウサギという天然記念物がいるのでまずウサギは狩らせないようにする訓練をしていました。
「きゅーきゅー」鳴きながらカリは我慢してました。狩る気満々のカリを恐れることなくウサギは平然としてます(笑)食われそうになってることがわかってないのでしょうか?
ルビーには、1ヶ月前までルビーの子供がいたそうです。ちょっと見たかったなぁ〜。
午前中には訓練を終えて昼からは、フラぁ〜と安房の街を軽く探索したりしてフラフラしてました。
明日は縄文杉を見に行く予定だから早めに寝なきゃなぁー!!
明日天気になぁ〜れッ(^3^)/こりゃ雨だな…。


走行距離 6.21キロ
通算距離 8553.9キロ
走行時間 0時間30分58秒
出費 0円
現在地 鹿児島県熊毛郡屋久町付近
天気 くもり・雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第278日目…本当の屋久島一周

第278日目…本当の屋久島一周
第278日目…本当の屋久島一周
第278日目…本当の屋久島一周
第278日目…本当の屋久島一周
第278日目…本当の屋久島一周
第278日目…本当の屋久島一周
第278日目…本当の屋久島一周
第278日目…本当の屋久島一周
第278日目…本当の屋久島一周
第278日目…本当の屋久島一周
ケンさんは、やはりダメでした…ぶっ倒れたままだそうです。
ということで、今日も暇になっちゃいました!
で、1日を無駄にすることが出来ない自由人は(いつも無駄にしてんだろ!)面倒な屋久島一周の旅に朝から旅立ちました(^ε^)
屋久島ってね、島一周100キロあるんだってさ。周りはあんまり面白い場所がないと聞いたのでやる気も半減してますよ!
では、やる気0になって出発しまぁーす。
いやいや、屋久島の道は知ってはいましたが楽じゃない。常にアップダウンを要求されます!
それもこれも屋久島が山で構成されてるのが原因だと思います。
無理矢理道を切り開いたのではないか?
こんな看板にイラッとします(写真1)猿は読めんだろ!と…。俺は読めたから人ってことでよろしいですか\(^O^)/
そんで、景色に面白みが全くない道をひたすら前進してたら(写真2)を発見!西郷さんは、屋久島を見て何を語ったのでしょうか?「ココモォ…ジャパンナノデスカァ〜?」勢いで、西郷さんを外人にしてしまった(^o^;
西郷さんに思いを馳せて、重いペダルを必死に漕いでいると…見たことがある看板が!!(写真3)
あぁ!以前来た時に立ち寄った場所だ。
いなか浜と言い海亀の産卵地として非常に有名な場所らしい。
ここの浜が凄く印象に残っていた!以前来た時は、快晴で砂浜がピカピカ光っていて綺麗だった覚えがある。
今日は曇りなので少し残念だが、印象深かった場所に帰って来れたのは素直に嬉しかった!
いなか浜(写真4)屋久島には、ほとんど砂浜がないので貴重な場所である。
再び走りだす。そして…、西部林道に突入!
間違いなく今日一番の難所であろう。
傾斜がキツイのでママチャリを押しながら進む。
そしたら、本日初のヤクザルに遭遇!
結構、接近して写メを撮りまくる(写真5)
最後にアップの写メを撮り終えて(写真6)先に進もうとした。
だが、写真でも伺えるようにヤクザルはかなりキレ気味!威嚇態勢である。
その態度を見たらムカついたので、自由人もぶちキレた表情でおもいっきり睨み付けてやった!!
その直後…、事件が起きた(>_<)
奴は木をガシャガシャ揺らし始めたと思ったら次の瞬間その反動を利用して自由人におもいっきり飛び付いてきたのだ!
うわッと思い反射的にヤクザルの攻撃をかわして助かったと思いこれ以上ここにいたらケガさせられると思いママチャリを勢いよく押して逃げたのだが…
奴は執拗以上に追い掛けてくる…、相手が野生だということもあり結構怖い!
逃げても逃げても追い掛けてくる!ママチャリのすぐ後ろにべったりと…。
西部林道は、人もいないし車だってそんなに通らない。
恐怖にかられながら、逃げること数分…奴は諦めて森に消えていきました!
後から、屋久さんにこのことを聞いたらサルとは絶対に目を合わせてはいけないらしい。
奴らが威嚇態度の時に睨んだということはサルの世界では「喧嘩上等」と同じ意味らしい。
写メ撮ったりおもいっきり睨んだ自由人は、自業自得だったみたいね。
ヤクザルさんから見れば「おぉ、喧嘩上等ってか、やってやろうじゃねーか!」と言った感じだったのでしょう。
ケガなく無事に生還出来て良かったです!
アイツのキレた目は、当分忘れられそうにありませんな。
西部林道では、本当にたくさんのヤクザルを見ました。
研究者みたいな人がヤクザルの群れの近くでレポートみたいなのを書いてる姿とかもありました。
道のど真ん中で毛繕いをしてるヤクザルがいました(写真7)
車が来ても無視…、クラクション鳴らしても動こうともしません。
ヤクザルにとっては、ここが俺達の家なんだから勝手に人間が入ってくるんじゃねーと言った感じなのでしょうか?
さっきヤクザルに追われた恐怖からか真横を通りたくないしなぁ…。
車が激しくクラクションを鳴らし続けます!
そしたら、ようやくヤクザル達はその場から動いてくれました。
一安心も束の間、最大の難所が…(写真8・9)
「アーイアイ、アーイアイ、おさーるさーんがねー、アーイアイ、アーイアイ、自由人めがけて襲ってくるぅ〜」
いやいや、シャレになりません!こんな大群に襲われたら最悪です。
意を決して進みます。横を通るとヤクザル達は突き刺すような目線で自由人を見てきます(写真10)
サルの大群と自由人が1人。本当に怖かった!けど、睨まれるだけだったので助かりました。
ふぅ…、一仕事終えた感じです。その後も長い長い西部林道の上り坂を進みやっと下りへ。
下りは、ヤクザルがいると腹いせに「●●●●●●●●●」などの汚い言葉を浴びせ続けました。
今思えば、その時の自由人の姿はめちゃめちゃ恥ずかしいですね。
下りだから安心だと思いサル相手に本気で罵ってやりました。かっこ悪いし…、弱々しいし…マジでダメ野郎です!
後から知ったことなのですが、奴らが本気で走った時の最高時速は60キロらしい…下りでも本気出されてたら捕まってたよ。
サル達に「バカな奴がいるよ!」と思われてたんだろな(´ω`)
そんなこんなで、西部林道地点はクリアしてズンズコズンズコ進み最後に干潮の2時間しか入れない幻の湯「平内海中温泉」に入ろうと計画してました。
干潮の2時間、突如海に現れる温泉です!
前々から一度入ってみたかったのです。
そして…、行ったのですがあまりに人がたくさんいたので入る気が全くなくなり止めました。
そんな微妙な感じで本日の屋久島1周は終了しましたよ( ̄〜 ̄;)


走行距離 94.56キロ
通算距離 8547.7キロ
走行時間 6時間10分14秒
出費 0円
現在地 鹿児島県熊毛郡屋久町付近
天気 くもり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第277日目…ケンさん倒れる

昨日の湯泊が原因で、ケンさんは風邪になりぶっ倒れました。
なので、今日は休息とのこと。
自由人は、いつも通り元気です(笑)
自由人以外、皆さん風邪をひいてます!こんな環境にいても風邪とは?って状況ですよ(´∀`)
最近、思ったことがあります!ことわざに「バカは風邪をひかない」とありますがこれの本当の意味は「バカは風邪に気付かない」のではないかと。
どんなバカでも風邪はひくはずです!でもバカだから風邪をひいても気付かないし風邪だと認めないと思うのです!
この推理はかなり当たってると思います(^ε^)事実、自由人も風邪をひいたかなと思っても風邪だと認めません!!
そして、薬などには一切頼らないので体が免疫の固まりになって強くなっていくのだと…。
あとは、旅の緊張感もあると思います。風邪になっちゃダメだという。
だから、旅を終えて家に帰ったら緊張感がほぐれて安心してすぐに風邪になっちゃいそうだなぁ。
今日は、本気で暇だったので少し三線の練習したり絵を書いてみたり…
特にやることが見つからないので、適当に1日を過ごしていました。
本当ならば、明日からケンさんと宮ノ浦岳縦走を計画していたのですが無理そうですね( ̄〜 ̄;)
宮ノ浦岳縦走というのは、宮ノ浦岳を登頂して縄文杉に下りてきて下山するというコースのことです。
このコースは1日では行けないので、途中で山小屋に1泊するという手順を踏みます。
山小屋で泊まるなんてことをしたことがない自由人は結構楽しみにしてたのですが…
明日のケンさんの回復に期待しましょうかね。


走行距離 0キロ
通算距離 8453.1キロ
走行時間 0時間0分0秒
出費 0円
現在地 鹿児島県熊毛郡屋久町付近
天気 雨

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第276日目…屋久島一周?

第276日目…屋久島一周?
第276日目…屋久島一周?
第276日目…屋久島一周?
第276日目…屋久島一周?
第276日目…屋久島一周?
自由人は真っ白な灰になってました…いやブログが書けない体になってました…心も体もリセットしてました…。
皆さんからの連絡を結構断っていたのは本当にすみません!ブログ書き始めたら連絡すればいいかなと思っていたので…。
そのおかげで、あちこちで自由人死亡説が浮上してるそうですね(;^_^A
まぁ、これだけ更新しなかったら仕方がないか…死んだって噂されるのは「つぶやきしろう」さん以来の快挙ではないでしょうか…(笑)
ということで、今日が自由人復活の記念日になりそうです(?)
永らくお待たせして、本当に申し訳ない!!!皆さんを心配させてしまいごめんなさい!残り少ないママチャリ日本一周クソブログを楽しんでやって下さい。
では、書いていきます!手が震えるぅ〜φ(.. ;)
車でね(´Д`)
ちゃんとママチャリでも回るので大丈夫ですよ。というか、流れで屋久島一周しちゃったというか…。
今日は、ケンさんの車に乗せてもらいドライブしてました。
なんとなく2人で話ながらドライブしてたら、いつの間にか屋久島一周していたという感じです。
屋久島一周、約100キロありますが車だとかなり呆気なく終わってしまった…
しかも、道もあまり面白そうじゃなかったし…。
道を先に知ってしまいというのは、結構残酷なことです!知らなくてもいい事実を見てしまうのだから。
この先はどうなってるとわかるだけでブルーな気持ちになります。
冒険ではなく、ただの走りになってしまう恐怖もある。
屋久島には、西部林道という場所があってそこが屋久島一番の難所でしょう。
車で走っても、ただひたすらアップダウンの連続でしたしヤクザルどもがたくさんいます(写真1・2・3・4・5)
道も狭いので車も気を付けて走らなきゃ事故する可能性もあります!
屋久島一周とにかくめんどくさそうだし辛そうだ…あまりやる気がしないよ←という状況に陥ってしまうわけです( -_-)
そんな感じで走る前からモチベーションがた落ちの自由人です…。
そして、タダで入れる温泉が屋久島には2ヶ所あり(清掃協力金などはある)その1つの湯泊温泉という場所に行きました!
海に面してて、なんとも豪快な温泉です。
寒いし雨が降ってきたしで、勢いよく温泉に飛び込みました!!
「あれ!?」お湯がぬるいというか冷たい…。
確かに、パンフレットなどには温度が低めとは書いてあったけど低すぎです!
こんなのに浸かっても温まる気配が一切しないです!むしろ温泉浸かって風邪ひきそうだ。
しかし、残酷な温泉だ!出ようにも、寒さで出れない…しかも自由人はタオルを忘れたから自然乾燥という選択を迫られている!
やっとの思いで温泉口を探して、なんとなく温度が高い温泉口に体をケンさんと一緒にべったりとくっつけて体温の回復を待つ。
でも、やっぱり体温が戻ってくることはなさそうだ…。
意を決して、温泉から飛び出す!濡れた体に、雨混じりの冷たい風が突き刺さる!!
もう自然乾燥などとは言ってられない。湯泊には、脱衣場などがなかったので服をそのまま岩の上に放置した。そしたら、雨の影響でびしょびしょになった!
びしょびしょになって冷たい服を着こむ。何かの罰ゲームしてるみたい。
皆さん、湯泊温泉に行く場合は真夏をオススメします!冬なんか行ったら自殺行為です…。あと、女性と男性の敷居が適当なのと脱衣場がないので女性の方は入りにくい温泉であると思います。
ガタガタ震えながら、車に逃げ込み暖房をかけました。二人の湿気で車内の窓は白くなってモザイク状態です。
自然乾燥すれば、大丈夫ですよなんて言ってた自分が懐かしい…全然大丈夫じゃなかった。
ケンさんが「自由人のことを二文字で表せって言ったらバカだね!」と何度も連呼されました。
薄々気付いてたけど、君は最高のバカだよと…。喜んでいいのやら、悲しんでいいのやら。
寒さに打ち拉がれ、悶え苦しみながら本日は終了しました(>_<)


走行距離 0キロ
通算距離 8453.1キロ
走行時間 0時間0分0秒
出費 212円
現在地 鹿児島県熊毛郡屋久町付近
天気 くもり・雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年11月 »